豚の生姜焼きタレから手作り、飛び入り参加の牛肉!

おはようございます(#^.^#)

まんもです。<(_ _)>

昨日は全国的に寒くなったようです。

それが・・・まんも
ハテナ?
まんもは朝起きたとき、昨日よりもその前の方が寒く感じました。

ハテナ?
肉(肌)の感覚がおかしくなったんだべか?まんも?

ハテナ?
何か体温かくする食べたべか?
生姜だっぺか?

全然理由がわからないので・・・。
自分が妖怪人間のように思い始めて来ました。
家族の皆様方に夕飯のときに聞いてみたらばっ!

いがったぁ~( *´艸`)
やはり!昨日よりも前日の方が寒かったと!ママも同じ~!
いがったぁっぺぇ~!
皮膚がマヒしてなくて

妖怪まんもでなくっていがったぁっぺぇ~!( *´艸`)

寒い風がきっとここまで来なかったんだべっ!
と話を家族でしていたら、
「ママの鼻息が荒いから寒い風が来れないんだっぺぇ~」
「ははは~ん!」「なるほど~ねぇ~」
「おぉ~い」☆\(^^;ナンデヤネン
鼻息そんなにひどいべかっ?

まぁ~いがっぺぇ~( *´艸`)
やっぱり妖怪まんもなのかもしれませんです

寒くなると聞きましたので、さらに掛け布団を用意しました(#^.^#)
今日の朝は寒く感じます。
寒くなるよと教えていただいたのでとってもありがたいです。m(_ _)m

さて昨日
主人が興奮して帰って来ました。

にぐぅ~が安がったぁ~がら買ってきたぁ~!
みんなで少しずつくうべっ!

訳)肉が安かったよ
みんなで少しずつ食べよう~

んだらばっ!
家族の健康のために!
レッツー!クッキング!(@^^)/~~~

●豚肉の生姜焼き&牛肉の生姜焼きのタレかけ
野菜サラダ(白菜、黄色パプリカ)
●ドレッシング(自家製マヨネーズ、醤油麹、酢)
●里芋と大根の味噌炒め
●ニラ、白菜、えのきの味噌汁

 

主人が買ってきたお肉です。
これ!これ!見てみぃ~
半額だった!半額!2枚しかなかったぁ~
これは絶対おいしいべぇ~これ!これ!
興奮しています(#^.^#)
本当に肉が好きなんですね~主人

みんなで少しずつ食べっぺぇ!
二切れくらいづつ食べることにしました(#^.^#)

前日の牛肉は赤身がたくさんでしたが、今回の牛肉は漬けこまなくてもすごくやわらかそうです。

主人が買ってきてくれたので、さっそくいただきました。

豚肉の生姜焼き用を買ってきてあったので、牛肉も生姜焼きのタレをかけて食べました。

牛肉はとっても幸せでした。
口の中でお肉が・・・。無くなる( *´艸`)
歯を使わなくても食べれるお肉でした。
少しずつだからよけいおいしく感じたのかもしれません。

牛肉もおいしいかったです。
そして豚肉もまたおいしかったです。

生姜焼きのタレは、
りんご、なし、人参、玉ねぎ、生姜、にんにく少なめをスリスリしてすりました。
醤油、みりん(醤油よりも多め)、きび糖、お酒を入れて用意しておきます。
ちょっと味見をしてタレとしていいアンバイでしたらOKです。

お肉は焼く直前に、塩、胡椒をしてから焼きました。

焼いたお肉のお鍋で温めてアルコールを飛ばしてからお肉にからめました。

添えてある野菜サラダは、生の白菜と黄色パプリカです。
白菜のサラダおいしいです
おすすめです(#^.^#)
今回は主人にサラダ少しにしてみました。

ドレッシングは、こめ油使用のマヨネーズと醤油麹、酢、レモンを絞ってたべました。
酢を入れすぎまして・・・げっほっ!むせりながら食べてました。
「今日は酢がきついなぁ~」と言ってました。

●里芋と大根の味噌炒め

前日に茹でた大根を使用

味噌、コチュジャン、みりん、きび糖、長年ネギの粗みじん切りで味付けをしてみました。

里芋は茹でて火を通しておきました。
ごぼうは炒めて火を通した後に大根と里芋を入れて調味料を入れて味を調えました。

里芋がおいしい季節です~(#^.^#)

●ニラ、白菜、えのきの味噌汁

<
/p>

白菜、えのき、ニラ、ほうれん草が入っています。
具がたっぷりです(#^.^#)

とってもおいしくいただきました。
「ごちそうさまでした」

—1—

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごまちゃん
スヤスヤ~スヤスヤ~お休み中です。
薄めがまた魅力的です。
いびきをかいています。

うめちゃん
ママどこさっ?いぐぅだっ?
うめのこと、おいてかねぇべぇねぇ?

ゆずちゃん
ママ!よっくっ!みでっ!
ボールもって来たっぺっ!
遊ぶべっ!遊ぶべっ!あそんべぇ~

んだらばっ!
今日も元気にスタート!
素敵な土曜日になりますように・・・。

まんも今日は午後からちょびっとお仕事になります。
がんばっぺー\(^o^)/

皆さん
今日も最後までありがとうございます<(_ _)>

まんもより

—2—

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

読者登録フォーム

ご記入のメールアドレスを確認してから
読者登録ボタンを押してく下さい。


このページの先頭へ