米ぬかで煮込んだ「角煮」にはトロトロ

こんばんは まんもです~

昨晩、お買い物へ行ってきました。

閉店までお買い物してしまいました。

スーパーでなくて、ショッピングモールへお買い物へ行ったので・・・。

目がランラン!  見るだけでも楽しい!

でも、店員さんが寄ってくると・・・逃げてしまったりして( *´艸`)

閉店前にお買い物もして、最近のレジは、自分で会計をするレジが増えていますね。

自分でピッ!ピッ!ピッ!とやってお会計をするのですが、楽しいんです(#^.^#)

たまに、バーコードくっついているのに、うんともすんとも、反応ゼロのときがあります。

手の動きが、バーコード下にして、素晴らしく早く動かしているまんもです。

ピッ!となって、嬉しい~(#^.^#)

お買い物も楽しまないといけません。

押して歩くお買い物カートは、キャスターがクルクル回って、誰よりもうるさいカートを押して歩いていたまんも

きゅる~きゅる~きゅる~きゅる~( *´艸`)
きゅる~きゅる~きゅる~きゅる~

まんもが歩くと、きゅる~きゅる~する!カート

カートが「ごめんね」って言っているように感じました。
「いいんだよ~かんまねぇ~!かんまねぇ~」
「油ぬってもらえっといいかもね」と言っておきました。

帰って来て、時計見たらば~びっくり 21時 うそ!
帰ってくるのが少し遅すぎだわぁ~
まぁ~いがんべぇ~!

帰って来てから・・・角煮の用意をしました。

んだらばっ!
今日も家族の健康のために!
レッツ~!クッキング!(@^^)/~~~

今日は
●角煮 付け合せ小松菜とゆで卵
●お赤飯
●ポテトサラダ残り物、バルサミコ酢がけ
●玉ねぎスープ
●油揚げとちくわの煮物

角煮だけ作り方載せます。

熱湯に豚バラ肉を入れて、お肉の旨みを閉じ込めます。
周りがすべて白くなったらば、OKです。
お湯を捨てます。

水を入れて、茹でた豚バラ肉、米ぬかを入れて、落とし蓋をして、2時間煮ました。
糠が脂肪を引き寄せてくれるので、脂っこくない豚バラになります。

2時間後洗って、豚バラに入った、糠をとるために、お湯でゆでます。
お湯は捨てます。

お鍋に、豚バラを切って並べて、ねぎ、しょうがを入れて、水を入れて、沸騰させます。
火を止めて、一晩置きます。
ねぎと生姜の香りが冷めながら、豚バラに入るんです。
上が乾燥しないように、蓋を閉めて、放置しました。

味付けをします。ねぎや生姜はそのままで煮ます。
砂糖を入れて、10分くらい煮ます。
お肉が固いときは、ここでまた煮込んでもいいと思います。

醤油、お酒を入れて、さらに煮込みます。
アルミなどで落とし蓋をして、蓋をしない方がいいです。
煮汁が半分以下になるまでじっくり煮ます。

仕上げにみりんを入れて、照りをだし、みりんのアルコールを飛ばします。

みんなでいただきます。

お赤飯は主人が固めのお赤飯が食べたいと言うので、炊きました。
私は固いのが苦手ですので、お赤飯は主人用です。

サラダは、アボカドに、レモン汁、醤油をフリフリ
上にポテトサラダ、茹でた小豆(お赤飯の残り)
バルサミコ酢をかけて完成です。
これはおすすめです。
旨いです。

子供たちも大好きな角煮、手間暇がかかるからおいしくできます。
好きな食べ物は多めに作ってあげます。

ホロホロと崩れてしまうので、ヘラと箸で分けて食べます。
脂っこくなく、コラーゲンだけが残りました。
アツアツ角煮を小松菜と一緒に食べました。
ジューシーでとってもおいしかったです。

今日もとってもおいしくいただきました
「ごちそうさまでした」<(_ _)>

皆さん
お願いします<(_ _)>
私「おうちごはん」のランキングへ参加しております。
応援のポッチ!よろしくお願いします。
  ↓

おうちごはん ブログランキングへ
応援のポッチ!ありがとうございます<(_ _)>
これからも頑張ります\(^o^)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も外に出たり、入ったりをしていた、わんちゃんたちです。
いつも本当に元気です。

特にこのお方
ゆずちゃん

ごまちゃんは、暖かいので、少し出ました。
これから、外もいいですね~

うめちゃん
ゆずちゃんに負けてしまうときが多いですが、それでも気にせず元気なうめちゃんです。

返信遅くなっていています。
ごめんなさい。<(_ _)>

皆さん
今日も一日お疲れ様でした。

明日も素敵な一日になりますように・・・。

今日も最後まで
ありがとうございます<(_ _)>

まんも

おうちごはん ブログランキングへ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

読者登録フォーム

ご記入のメールアドレスを確認してから
読者登録ボタンを押してく下さい。


このページの先頭へ